生活習慣病でEDになる?!器質性EDは身近に潜んでいるかも

EDを発症する原因はいくつも挙げられますが、特に身体的な問題によって起こるものを器質性EDと呼びます

器質性EDは50代前後の中高年世代に特に多く、いくつかの病気と関連している可能性もあります。

勃起が難しくなる原因や対策法について紹介していくので、ぜひご覧ください。

器質性EDを引き起こす4つの要因

器質性EDについて
器質性EDは身体機能に何らかのトラブルが起こることで発症します。
50代から60代にかけて発症するリスクが高くなるため、中高年に多いEDとして知られるようになりました。

一体どのような要因がEDを引き起こすのか、詳細をチェックしていきましょう。

加齢によるホルモンバランスの変化

まず一番に考えられるのは加齢です。

人間の体は一定の年齢を超えると徐々に機能が低下していきます。男性の場合は男性ホルモンの分泌量が減ることも珍しくありません。

テストステロンという男性ホルモンは、筋肉質な体つきや性欲に関係しています。
これが減ってしまうと筋力の低下や性欲減退の原因に。しかしそれは必然的なことでもあるのです。

ホルモンバランスの変化によるこの症状は、男性更年期障害(LOH症候群)と呼ばれます。

生活習慣病

動脈硬化
動脈硬化と呼ばれる病気はEDに繋がります。
動脈硬化を起こす要因は主に生活習慣病です。

糖尿病や高脂血症、高血圧は中高年に多く、日頃の生活習慣の乱れが主な原因とされています。

生活習慣病になると血液がドロドロになったり血圧が上がったりして、血管に大きな負担がかかりがちです。その結果動脈が硬くなってしまい、EDを引き起こします。

神経系の疾患

性的刺激は大脳から勃起中枢へと神経伝達されます。
したがって神経に障害があると勃起が難しくなることもあるのです。

脳腫瘍やパーキンソン病などは自律神経障害が起こることも多く、患者の中にはEDになる人もいます。
また、うつ病などにより自律神経が乱れた場合も同様のことが言えます。

事故や手術による損傷

交通事故などが原因で神経や血管が損傷を受けると、勃起機能が低下する恐れがあります。
事故に限らず、手術による神経損傷もEDの原因として考えられるでしょう。

前立腺がんなど骨盤内の臓器付近の手術を行う際、勃起に関わる神経や血管が多く集まる部位であるため、術後にEDを発症するケースもあります。

器質性EDにならないための対策法とは

器質性EDを防ぐ方法
年齢を重ねるごとに変化する体。たとえEDになっても、仕方ないと諦めてしまう男性も少なくありません。

しかし器質性EDは年齢だけが問題ではなく、対策法だってあります

EDになると男性としての自信を失いがちですが、健康的なナイトライフを送るためにも予防・対策について知っておくことが大切です。

生活習慣の改善がとても大切!

器質性EDを防ぐ方法として最も大切なのは、乱れた生活習慣を送らないようにすることです。

偏った食生活は血液をドロドロにするだけでなく、生活習慣病のリスクを高めます。
アルコールの摂りすぎや過度な喫煙も避けるべきです。

また、適度な運動も必要不可欠。
筋力が低下すると勃起機能の衰えに繋がりますし、健康を維持するためにも一定時間の運動は欠かせません。

病気にかかることを防ぐための生活を続けることで、年齢を重ねてもEDに悩まされるリスクが少なくなります。

ED治療薬の服用もおすすめです

生活習慣の改善はEDの予防にも繋がりますが、すぐにでもEDの症状を改善したいという場合、ED治療薬の服用がおすすめです。

カマグラゴールドは通販購入できる薬なので、病院に行かずとも手に入ります。
処方箋が不要で価格も安く、ED治療にかかる費用を抑えたい場合に最適です。

ただ、血圧が高すぎる男性や、半年以内に心筋梗塞・脳梗塞の既往歴がある男性ED治療薬の服用ができません
心臓や血管に負担がかかり重い副作用が出る恐れがあります。

心配であれば医師に相談したり、健康状態をチェックしたりして、ED治療薬の服用が可能であるか確かめるといいでしょう。

更新日:

Copyright© バリバリな自分を取り戻す!カマグラゴールドを通販で手に入れるには? , 2019 All Rights Reserved.